「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第1回

img20.jpg

2009年、HITOTSU学講座の新シリーズは、「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」。
2500年前の春秋戦国時代に書かれたとされる中国古典の兵法書は、21世紀の現代を生きる私達に、一体どんな智慧を気づかせてくれるのでしょうか?

 新シリーズの第一回目となる今回は、まず最初に、なぜ今、孫子の兵法を取り上げるのか、HITOTSU学の観点から見て、今の時代に孫子の兵法を学びマスターすることの意味を、歴史の流れの全体像に位置づけて理解して行きました。

 
中国大陸で諸国が別れて国と国どうしが戦争していた昔、軍隊をもって戦う「戦場」において、戦争に勝つか負けるかは、自国と自国の全ての民が生きるか死ぬかの、まさに生死をかけた一大勝負でした。
そのような時代背景の中、戦場での勝利を獲得するために孫子によってまとめられた全13篇の孫子の兵法ですが、そこではただ単に戦争に勝つための方法論としての戦略戦術を超えて、人間にとって普遍的な深い洞察と法則性に満ちた戦いのことわりが書かれています。
だからこそ、時代を経て多くの人に読み継がれてきた孫子の兵法ですが、資本主義社会の経済戦争の中では、軍隊にかわって企業が、戦場にかわって市場が、社会を行きぬくための競争、戦いの場となりました。
多くの経済人やビジネスマンの愛読書として実践的に活用もされている孫子の兵法を、HITOTSU学ではさらに、個人個人の意識空間、人間の心の戦場、「心場」に置き換え、独自の解析によって、孫子の兵法の現代的な実践的理解と活用法をお伝えしていきます。

企業も軍隊もひとりひとりの人間の集団組織ですから、根本的には、人間一人の心の法則、心の仕組み、心のメカニズムを深く理解することから、すべての組織運営や組織間競争にも共通した原理をあてはめ、応用することが出来ます。
特に、共産主義に続き自由主義経済、金融資本主義経済が破綻を迎えた今日、より本質的な観点から、新しい時代の方向性を提示していくことが求められます。
今からの時代を生きる人間の心と、その人たちが営む経済活動の中で、どのような新しい経済発展モデルを構築して行けばよいのか、孫子の兵法の解析を通して、深く広く様々な気づきを皆さんと共有していきたいと思います。

slide20-1.gif

slide20-2.gif

第一回目の今回は、全13篇のうち、第一、計篇の内容をお伝えして行きました。孫子の兵法全体を理解する上で最も要となるのが、この計篇の内容といえます。
特に、冒頭の五事(道、天、地、将、法)を深く知ることが大切ですが、計篇全体を通してのポイントは、戦争をする前段階として、「計ること」の意味と価値、そして計るための判断基準となるものを孫子は提示しています。
一般的な計篇の解析をお伝えした後で、盧さんから説明があった計篇のポイントは、人間が全ての物事を計る際の判断基準になるものが、そもそもとても不完全で異質なものばかりであるという、人間が「計ること」自体の問題でした。

HITOTSU学の観点で言えば、物事を認識し判断する人間の「計る」作業は、人間脳5感覚の不完全性と観点の異質性、マインドームの問題によって、そもそも計ることそのものに根本的な問題と限界を抱えていると言えます。
人間の不完全な判断基準の次元を超えて、全ての現象を生み出す究極の本質ひとつの観点を得ることが出来るかどうか、認識の次元上昇によって、全ての存在と変化を理解する究極の判断基準を得ることが出来るかどうか、それが決定的に重要になります。それは、計篇の内容でいえば、五事の第一、「道」を悟り知ることが出来るかどうかに全てがかかっているという意味でもあります。

slide20-3.gif


「道」によって見る観点、次元上昇したHITOTSUのイメージから深く孫子の兵法を解析して行く講座の初回として、ご来場の皆さんにも、今までの孫子の理解とは全く異なる面白さを感じていただけたのではないでしょうか。

次回以降、シリーズでより深く解析して行くHITOTSU学と孫子の兵法の世界、各回ごとの単発のご参加でも大丈夫ですので、今後ともぜひ皆さんご来場下さい。
21世紀を生きていく智慧を、多くの方と共有していければと思います。ご来場の皆さん、どうもありがとうございました。

「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ 質疑応答を通したまとめ

img19.jpg

HITOTSU学と般若心経の世界、最終回となる今回は、Q&A形式の質疑応答を通したまとめの形式で、講座を進めていきました。

質疑応答の前半では、前回、前々回の講座の際に頂いた質問に対しての回答という順序で進め、後半からは当日その場でご参加の皆様からたくさんの質問を頂きました。


Q.般若心経の世界に一番親しむためには、どんな方法や条件がありますか?
Q.般若心経と今の世界経済の危機をどのようにつなぐことが出来ますか?
Q.悟りの世界と輪廻転生の世界は、どんな関連性があるんですか?
Q.物質と意識はひとつですか?ひとつならばなぜ別々に感じてしまうんですか?

以下は、当日その場でいただいた質問の主旨です。

QHITOTSU学がいうHITOTSUというものは、調和ではなくて次元上昇ということを言っているのですか?
Q.自燈明というのは、Nohさんがいうひっくり返った世界のことですか?
Q.HITOTSU学は悟りの世界を理論化しているのだと思いますが、本当に次元上昇が可能なんですか?
Q.自分が経験したことがないのに、次元上昇したイメージが本当に分かるのですか?
Q.ビッグバンから宇宙137億年の全てのエネルギーが人間の体にはつまっているということですか?
Q.一般的に、人間は脳のほんの一部分しか使ってないと言われますが、5次元認識方式をマスターすれば、ほぼ100パーセント使えるのでしょうか?
Q.世の中の宗教観として、輪廻転生を認めるものと認めないものがありますが、Nohさんが言われている世界は輪廻を認めるものでなければ到達できないものですか?
Q.自分の喜怒哀楽が激しくて感情や気持ちが大きく変化してしまうのですが、認識テクノロジーは感情のコントロールといったことにもつながるのでしょうか?
Q.今までは脳の記憶で覚えたことをしゃべる意識の世界で生きていますが、本当は5次元に生きている、そのような感じの世界を意識化することですか?


当日ライブでの質問とNohさんの答えの臨場感がお伝えできないのが残念ですが、とても和やかな雰囲気の中で、活発に真剣に色々な質問をいただき、本当にどうもありがとうございました。
時間の都合で充分にお答えしきれなかった点もあるかもしれませんが、またぜひ他の機会にもどんどん交流を深めさせて頂ければと思います。

今回の講座を通して、今の時代の世界経済の危機という背景もふまえ、今までにない根本的な大きな時代の変革のために何をどうすればよいのか、その変化の必要性や方向性をご来場の皆様と共感、共有できたように思います。

講座の最後には、人類500万年の長い歴史にわたってずっと繰り返してきた、五感覚脳の意識だけで生きる体人間のパラダイムと限界を超えて、人間の無限の可能性を爆発させる全く新しい時代のパラダイムを、この日本から命をかけて創って行きたい、日本文明に本当に目覚めてほしいというNohさんの熱情のこもった強いメッセージが会場に伝わって行きました。

2008年、一年間にわたって開催させていただいたHITOTSU学講座も、年内はこれで終了となります。
量子論にはじまり、超ひも理論、5次元宇宙論、そして般若心経まで、様々なテーマに関心を持ってご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

次回、2009年からは、7回連続シリーズで「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」を皆様と共有して行きたいと思います。混沌とした時代を希望へと導くための東洋の英知をHITOTSU学の観点から解析する新シリーズ講座です。
2009年も、HITOTSU学特別講座をどうぞよろしくお願いいたします!



「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ第2回

img18.jpg

HITOTSU学と般若心経の世界、シリーズ第二回目の今回は、般若心経の全文をHITOTSU学の観点からポイントを押さえて解説して行きました。

はじめに内海講師から、なぜ今般若心経を取り上げるのか、なぜ2500年後の今でも釈迦の悟った世界が尊ばれているのか、前回の講座の大枠のまとめの意味を含めて説明がありました。

歴史が大きく動く時には、それ以前の常識や固定観念が破壊されて、全く新しい観点、ものの観方が現れています。
釈迦が破った強烈な時代の固定観念、そして人間共通の固定観念とは、人間の五感覚から来る全ての思考や感情、自分を含むこの宇宙すべての存在を全否定したことでした。そして釈迦は、錯覚の現象から目覚めれば、真実、実在は空しかないという認識の世界を断言して、それまでにない全く新しい認識方式を伝播して行きました。

釈迦が伝えたかった釈迦の認識方式が、2500年後たった今でもまだ、誰もが共有できる論理やイメージとして体系化されていない限界を超えて、悟りが一般常識になり、本当の自分のイメージに気づいた人々の人間力が花開く時代がこれから必ず来ます、というNohさんの言葉に続いて、般若心経の全文の解説に入っていきました。

全文を理解する上で、HITOTSU学から見たときに一番重要な般若心経のポイントは、前回講座でもお伝えしました「五蘊(色・受・想・行・識)皆空」のイメージと意味を理解することです


slide18-1.gif

通常人間は生まれて死ぬまで五感覚の認識の器に固定されて生きています。その自分と、自分を取り巻くように見える自分以外の全ての世界、その中で自分が思うこと、イメージすること、判断すること、知識を蓄えることなどの全ての現象は、意識がひっくり返って錯覚から目覚めた時には実は「空」という実在ひとつでしかないということを釈迦は伝えています。

特に社会が複雑で情報が多すぎる現代は、多様な思い、考えに自分自身の心が支配されてしまって心が不健康で病的な状態になりがちです。
自然に流れる水をコントロールし生活に自在に応用するダムがあるように、自然に湧き出てくる考え感情をコントロールして人生に自在に応用する心のダムが必要です、というNohさんの例えがありました。
そのような、自分の心を自在にコントロールしながら、自由で平和で愛に満ちた心の状態で生きる生き方の智慧が「五蘊皆空」の世界でもあります。


slide18-2.gif
slide18-3.gif
slide18-4.gif


また、釈迦は苦しい現実の世界から彼岸の悟りの世界へ案内する為の方法として、十二縁起や四聖諦といった表現を通じて人間の世界を整理し、それを納得させた上で、それでも真実・実在は空しかない、というように理解させて彼岸への舟を渡らせるアプローチをとりましたが、2500年後の現代は、科学的観点も取り入れて、釈迦が案内しようとした世界をより明確に共有するための新しい道具、新しい舟が必要です、というNohさんからの話がありました。


slide18-5.gif

般若心経でいう「色」の世界と「空」の世界、人間の五感覚脳に支配された4次元認識の世界と無意識の5次元認識の世界を疎通させる新しい道具、5次元認識テクノロジーによって、日本から、物質文明と金融経済の限界を補完して次元上昇させる心の時代、ジャパンドリームをぜひ全世界に広げて行って欲しい、その歴史の意志のために自分を道具として使って欲しいというNohさんの言葉で締めくくられた今回の講座でした。

最後はNohさんの想いに共感して12月21日に講演会を企画して下さっているパラダイム21主催の山田さんから、Nohさんへの熱いエールを頂きました。有難うございました。

次回、まとめと質疑応答の講座で、今年一年間のHITOTSU学講座は終了となります。シリーズで来られた方もそうでない方も、今年最後のHITOTSU学講座にぜひご来場下さい。ご来場いただいた皆様、どうも有難うございました。


« 前のページ次のページ »