「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第4回

4月、5月と2ヶ月の休講をはさみ、会場も新たになった福岡でのHITOTSU学特別講座。
休日、日曜日の14時という時間帯にお集まり頂いた会場の皆様、どうもありがとうございました。
HITOTSU学と孫子の兵法の世界、第4回目となる今回は、前回までの振り返りで第一:計篇、第二:作戦篇、第三:謀攻篇のポイントをお伝えした上で、第四:形篇、第五:勢篇をお届けいたしました。

slide22-1.gif


まず第一:計篇のポイントは、「計ることの大事さ」です。「計」の基本を、5(五事)・7(七計)・13(詭道)で伝えている孫子ですが、計る人間一人ひとりの、判断基準の異質性と不完全性を語れておらず、また五事の第一、“道”の本質を語れていない問題があります。人間の四苦八苦の原因、そして全ての“争いの本質”にもつながる「判断基準の本質」とは一体何か、そして究極の「道」をHITOTSU学の観点からお伝えしました。
第二:作戦篇は兵を起すに当たっての経済的な観点とつなげて「速戦速勝」の重要性を伝えていますが、“一番速い勝負”とは一体何かを語っていません。
戦争の本質を究極まで突き詰めた結論として、HITOTSU学では、「今ここ最高の自分」をつくる一番速い勝負とは何かを語っています。今、今、今の連続で生きている人生の上で、今ここ、この瞬間に勝利する勝負。そして一度明確に勝利したら永遠に負けない勝負の世界を語っていきました。
そして第三:謀攻篇では、孫子の文言の中でも非常に有名なポイント、「敵を知り、己を知ることの大事さ」を伝えています。ですが、戦争の本質を考える最、本当の敵とは、本当の己を知ることとは何かを孫子は語っていません。

slide22-2.gif


戦場から市場、そして心場へと戦いの場が移り変わっている現代、戦うべき相手とは何か?そして戦う自分とは一体何か?戦いの主体と対象を明確にし、それに勝利していくことをHITOTSU学の独自の解釈でお伝えしていきました。

第三篇までのポイントが盧さんから振り返り整理されたあと、いよいよ、第四:形篇、第五:勢篇の内容へと入っていきました。

slide22-3.gif


日本語でも日常「形勢」という言葉が一般化して使われているように、形篇と勢篇を切り離して理解するのではなく、つながった内容として、まずは一般的な解釈を皆さんと共有して行きました。
一般的な解析としては、まず相手が攻めてきても負けることのない「不敗の態勢、形」をつくった上で、こちらが攻めたら勝つことができる勝機を待ち、タイミングを逃さず兵を「勢」に従わせて勝利を得ることを語っています。

HITOTSU学から解析すると「形」とは、アイデンティティの世界です。自分自身をどう思うのか、自分とは何者なのか、どのように自己を認識するのか、アイデンティティの問題はHITOTSU学を理解する上で最重要のポイントです。
人間の全てのイメージや感情、考え、表情、言葉、行動は、無意識のアイデンティティから発して全てに影響を与えています。ですから、どのようなアイデンティティセッティングがされているかが、現実の勝負の上で、見えない最重要の要素になります。
勝利のためには、個人や組織がどんなアイデンティティを持つことができるのかが非常に重要ですが、「孫子の兵法」では理想のアイデンティティの在り方や、それに至る道が語られていません。

普通人間は「この体だけが自分である」というアイデンティティを当然のこととして疑いませんが、その固定された思い込み・イメージをすべて爆発させることができ、本来の自分のアイデンティティを取り戻すことができる5次元認識テクノロジーの意味が盧さんから語られました。
矢を放つ時に、もうそれ以上引っ張れないところまで究極にバックして全ての力をそこに込めた時、一番強烈な爆発力となって、矢は一直線に目標に向かって飛んでいきます。そのように、本来の自分とは何者なのか、もうそれ以上バック出来ない究極の出発点まで一度戻ることで、生きるエネルギー、人生の方向性が力強く放たれて、勝負のタイミング、「勢」を得ることが出来るという説明がなされました。

最後に、個人一人ひとりの出発のアイデンティティの変化が、社会、そして人類のパラダイムの変化にもつながることが盧さんから語られ、その変革のミッションを持った日本と日本人への熱い想いが会場に伝わっていきました。

次回は第六、虚実篇の内容を共有して行きたいと思います。梅雨の暑い中ご来場いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました!

「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第3回

HITOTSU学と孫子の兵法の世界、第3回目となる講座では、第三編:謀攻篇をHITOTSU学の観点からのオリジナルの解析を交えてお伝えしていきました。
最初に第一:計篇と第二:作戦篇のポイントを振り返った後で、前回お伝えしきれなかった第二篇の内容を盧さんから皆さんと共有した上で、本日のメインの内容へと入って行きました。

謀攻篇は、文字の印象からすると一見、いかに謀略を持って相手を攻めるかの権謀術数を説いているかのように感じられます。しかし、実際に孫子が語っているのは、実際の戦闘で兵士が血を流したり国が疲弊することなく、いかにして謀(はかりごと)でもって「戦わずして勝つ」か、その観点の重要性をまずは皆さんと共有して行きました。

slide21-1.gif

slide21-2.gif


「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」の一言に、孫子のメッセージがシンプルに読み取れます。戦争において、自国が戦闘で弱体化することなく、相手国をそのまま保全した状態で勝利するには、相手の意図、相手の目的目標、相手の判断基準を挫くことが求められます。
謀(はかりごと)によって、相手の判断基準をゼロ化することを通して自らの勝利につなげる究極の勝利を得る為には、あるべき将の在り方、勝利に至る必須の道、そして何よりも、「彼を知り、己を知る」ことが最重要になります。

では、最も本質的な観点からの、彼・戦うべき本来の敵と、己・戦う自分とは一体どのように理解すればよいのでしょうか?一般的な解釈を踏まえた上で、HITOTSU学の観点からの盧さんの独自解析が展開されて行きました。
人間は常に終わりなく湧いてくる考え感情によって、自分で自分をコントロールできないような心の状態に陥ります。戦場において自分自身を見失ったら絶対に勝利できないように、過酷な競争・ストレス・プレッシャーが押し寄せてくる現代社会でも、自分自身の考え感情に勝利することは、幸せや成功をつかむためにも、とても重要なポイントになります。
ですが、常にいかなるときも自分で自分の考え感情をコントロールしながら、自分の中の内なる「敵」に勝利することは、非常に難しいことです。

この「敵」に勝利する為には、考え感情が生まれる道、考え感情が生まれる究極の出発点そのものになってコントロールすること、つまり道(タオ)を得ることが本質的な勝利へとつながって行くのです。
そのための究極の智慧、次元上昇した観点を得る5次元認識テクノロジーによって、従来とは全く異なる謀(はかりごと)の意味を汲み取ることが出来る新しい孫子解析の魅力を感じ取っていただけてのではないでしょうか。

そして、体の自分の考え感情を生み出す4次元認識の自分から、本来の自分、オリジナルマインドそのものの5次元認識の自己に気づくことで、今からの心の時代の勝利者になれるという本質深い観点からの謀攻篇の解析を共有しながら、今回の講座を終えていきました。
4月、5月のHITOTSU学特別講座は休講となりますが、ますます深まっていくHITOTSU学と孫子の兵法の世界に、どうぞご期待下さい。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第2回

img21.jpg

HITOTSU学と孫子の兵法の世界、第2回目となる今回の講座では、全13篇の第二、作戦篇の解析を皆さんにお伝えして行きました。
孫子を理解する上で最重要となる第一、計篇のポイントの振り返りを盧さんからお伝えした後で、作戦篇の一般的な理解をまずは皆さんにお伝えしました。

slide21-1.gif

slide21-2.gif

作戦篇は、いざ戦争を始める前、「戦いを作(おこ)す」にあたっての重要な心構え、軍費と国家経済の関係性を押さえる事の重要性を伝えています。
孫子の兵法は、計篇の冒頭の「兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。」からも読み取れるように、人と人が殺し合い、国が疲弊する直接の戦闘に対して、非常に深く慎重な態度を取っています。

直接の軍事力で戦わずにすむならば戦わないほうが良い、という基本スタンスの孫子ですが、それでもどうしても戦わざるを得ない場合は、経済的な観点や自国の民のことを深く想い、考慮して、多少の不完全があったとしても、なるべく可能な限り短期決戦によって勝利を勝ち取ることの重要性を説いているのが作戦篇のポイントです。

そのような一般的な作戦の内容をひと通り理解した上で、盧さんから、HITOTSU学の観点、「心場」における作戦篇の意味と活用の仕方についての解析が入りました。

短期決戦、速戦速勝を説いている孫子ですが、では、人間の戦いの本質を究極的に突き詰めたときの最も速い勝利とは一体何なのでしょうか。
武器を手に、体によって戦う戦場においても、あるいは企業活動においても、戦いの場で毎瞬毎瞬目まぐるしく働いている根本は、人間の意識空間であり、人間の判断基準です。
いかに相手より早く、有利な状況や条件を作り出すことが出来るのか。一瞬間の判断に敗れた相手は、その戦場での勝者となることは不可能です。

戦場やビジネス現場に限らず、人間は生まれて死ぬまで常に意識空間を働かせながら様々な判断を無限に生み出していますから、その自分の意識空間、自分の判断基準、自分の心に勝利していない状態では、「心場」において、自分にも相手にも、勝利することは決して出来ません。

それでは、HITOTSU学の観点から見た最も速い勝利、究極の速戦速勝とはどのようなものでしょうか。
それは、時間にも空間にも存在にも支配されない、今ここ、今ここの瞬間が、いつも心すっきりで最高の状態に自分を置けるかどうかにあります。
自分の心、自分の意識空間、人間脳5感覚の不完全な認識にコントロールされない生き方、それをHITOTSU学では、「認識の勝利」を得ること、と言っています。
認識の勝利を得ることで、今ここ最高の自分、そして一度勝利したら二度と永遠に負けない自分を構築する道を獲得することが出来る、それがHITOTSU学の観点から解析した速戦速勝の意味です、という盧さんからの説明で作戦篇の内容を共有して行きました。

自分の人生を楽しみ充実したものにするためには、まずは自分自身の心、自分自身の考え、感情に振り回されない生き方を手に入れることがとても大切です。
その生き方を案内するHITOTSU学からの孫子の兵法の解析のシリーズ講座、次回は第三、謀攻篇をお伝えしていきます。

シリーズ講座ではありますが、前回の講座までの内容のポイント整理も毎回して行きますので、途中からのご参加、単発でのご参加の方も、ぜひいらして下さい。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

« 前のページ次のページ »