「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第7回

img26

HITOTSU学と孫子の兵法の世界、第7回目となる今回は、第八、九変篇の解析をしていきました。

お仕事上がりの平日夜の時間、限られた時間内で、HITOTSU学の面白さと、そこからつながる今までにない孫子の兵法の解析をみなさんと共有するために、まずはHITOTSU学が明らかにする三つの事実というポイントを提示しながら、HITOTSU学とは何なのかをお伝えしていきました。

三つの事実とは、
①現実は「四苦八苦の不幸」である。という事実を認めていない上で、不信・不安・恐怖・挫折・無気力・絶望・憤怒・嫉妬・摩擦衝突・紛争・戦争の問題が解決できないまま、人類歴史がずっと流れているという事実。

②人間は、生まれて死ぬまでずっと「錯覚・バーチャルの世界に生きている」ことを認識できていない事実。
(その上、人間が認識している世界は人間の脳が見せる認識画面であり、犬、サル、猫、ヘビ・・・など、多様な存在が認識している「相対的な世界」のうちの、ひとつでしかない。)

③この2つの事実を明確に理解できることで、すべてのカオスが突破でき「心がスッキリ」希望・感動そのものになることができる事実。

この三つです。
ひとつひとつの項目がとても本質深い観点からまとめられているために、パッと聞いた印象としては、受け入れ難かったり、意味するところがよくつかみとれないかもしれません。ですが、最先端科学が明らかにしている世界であり、そして人間が本当に幸せ・成功をつかみとり健康な心で生きるためのカギでもあるこの三つの事実を深く理解することが、HITOTSU学とは何なのかをご理解いただくためにとても重要になってきます。継続してご参加いただいている皆様も、ぜひこの三つの意味と価値を深めてみてください。

その上で、なぜ今孫子の兵法を取り上げるのか、そして前回までの要点の振り返りをしながら、いよいよ九変篇の内容に入っていきました。

slide26-1
slide26-2

九変篇は、一般的な解析としては、混沌として予期せぬ出来事が渦巻く戦場において、戦闘に勝利するために、九種類の臨機応変の対処法を説いたものです。地形を知り、戦闘の要諦を押さえ、敵に振り回されない状態をつくれたとしても、生死をかけた瞬時の判断を求められるのが戦闘の現場です。
九変篇の中で孫子は、物事の判断には、常に表面と裏面があり、そのバランス、調和をふまえ、深く全体を観じて判断する大切さを説いています。
瞬間瞬間、いかに機に応じた対処を取ればよいのかを語っている孫子ですが、HITOTSU学の観点から、それを軍隊の戦場ではなく、人間の意識空間、心場にあてはめて応用するとどのように活用できるのか、独自の解析が語られていきました。

特に、日々数え切れないほど様々なことが心をよぎっていく心の中、心場では、無駄な考え・感情にいつもつかまって敗北してしまうことが多々あります。孫子も、戦場では、攻撃してはならない敵や城があると言っているように、心場でも、はまり込んで無駄なエネルギーや時間を浪費しなくてもいい、考えや感情の場があります。

人生の未来を創造するために活用できる貴重な時間を、無駄な考え・感情との戦いで浪費して人生自体を敗北においやることのないように、心場での自分の心に勝利することが、意義深い、価値ある人生を送るために非常に重要なのです。
その勝利のためには、4次元の脳の錯覚の世界と、5次元の真実のHITOTSUの世界とに分ける分け方、道(TAO)を知ることが何より大切な、孫子の兵法の一番の核になります。

5次元の独自の観点からの解析の後には、いつにもまして力強く、Nohさんから日本と日本人への強烈なメッセージ、JAPAN MISSIONが語られました。
時代の危機感、切迫感を感じているからこそNohさんが訴える日本への無限の期待の心を、参加された方お一人お一人がしっかりと受け止めていただいていたような素晴らしい場で、今回の講座が終了しました。

次回は、第九、行軍篇の解析をお伝えします。回をおうごとに孫子の兵法の全体像が鮮明になってくるHITOTSU学と孫子の兵法の世界、初めての方、途中からの方でも、どうぞお気軽に一度ご参加ください。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。