「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第6回

img25.jpg

HITOTSU学と孫子の兵法の世界、シリーズ第6回目となる今回は、全体のちょうど折り返しとなる第七、軍争篇を皆さんと共有していきました。

冒頭に、8月7日に大阪で開催されたJAPAN MISSION PROJECT第4弾のNohさんの講演会が大成功をおさめられたことに対して、出発地福岡から始まったJAPAN MISSIONのうねりが日本中に広がって行く喜びと感謝を込めたNohさんからの報告がありました。

 今回の講座の前半でもNohさんが改めて強調していましたが、人間の長い戦いの歴史の過程で、戦いの場が軍隊を使った戦場から企業を使った市場へ移り、そして現代は、世界中が大きな経済危機に見舞われ、未来への代案が乏しい状態にあります。
大きな歴史の臨界点を迎えている今だからこそ、西洋が作り上げてきた戦いの場のプレートを日本が新しい次元に引き上げ、全ての人が自分自身の意識空間、考え、心に勝利することができる「心場」での勝利を手に入れられるようにすることで、平和と希望、創造力に溢れる未来を創建して行きたい、そのために一日も早く多くの日本人がJAPAN MISSIONに気づいて欲しい、というNohさんからの熱のこもったメッセージがありました。

争い・戦争の本質的な原因は、人間の○×判断基準、人間の分離意識、エゴ意識にあります。また、WIN-LOSEの判断基準をベースにした経済発展ではなく、 WIN-WIN、ALL WINの判断基準を持った新経済発展モデルを生み出すためにも、人間一人ひとりが持つ根本判断基準の問題と限界を超えていく道を得ることは、とても重要な課題です。

自分では無自覚のうちに色んな問題を生み出してしまっている判断基準をゼロ化させ、自由自在にコントロールできる心の経営力が求められていくこれからの時代に、孫子の兵法を通して心の経営をマスターする5次元認識テクノロジーの意味と価値をお伝えして行きました。
言い換えれば、人間は今までなぜ本質的な幸せを掴み取ることができず、争いや悩みが絶えない不幸と苦痛の歴史を繰り返してきているのか、その根本問題を解決して、幸せになる道具と、幸せになる道具の使い方を、孫子の兵法を通してご紹介しているのが今回のHITOTSU学のシリーズ講座でもあります。

slide25-1.gif

slide25-2.gif

その中でも、軍争篇をHITOTSU学の観点から独自に解析した今回の内容の本質的な意味を理解することは、「心場」に勝利する上で非常に重要になります。

私達人間は、日々生きている現実世界の中で、常に前に進んでいくことで理想や夢を掴んだり、問題解決をはかろうとしたりします。それは、自分が求めるものに対して一番真っ直ぐな近道を前進していこうとする姿勢といえますが、孫子が軍争篇で伝える「迂直の計」では、実は一番遠く見える遠回りの道(迂)を、勝利への一番近道(直)に転じることが出来るかどうかが、軍争の最大の鍵であることを述べています。
心の戦場で軍争に勝利することは、前進中毒になって前に進むことで掴むものではなく、現実から完璧に離れ、究極的に心の根源まで後退すること、つまりオリジナルマインドそのものまでバックして、その上で改めて現実と出会うことで、「心場」での勝利を完全に掴み取れるものなのです。

slide25-3.gif


「急がば回れ」の日本のことわざが示すとおり、一番遠い道、「心路」を通ることで完璧な勝利を得ることができる、「心場」での戦いの道。
複雑な現象世界から離れ、究極的にシンプルなHITOTSUの世界を得て生きる新しい生き方、最も根本的な問題解決方の意味を、皆さんと共有した第6回の講座でした。

次回は第八、九変篇をお伝えして行きます。
ご来場の皆様、どうもありがとうございました。