「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第3回

HITOTSU学と孫子の兵法の世界、第3回目となる講座では、第三編:謀攻篇をHITOTSU学の観点からのオリジナルの解析を交えてお伝えしていきました。
最初に第一:計篇と第二:作戦篇のポイントを振り返った後で、前回お伝えしきれなかった第二篇の内容を盧さんから皆さんと共有した上で、本日のメインの内容へと入って行きました。

謀攻篇は、文字の印象からすると一見、いかに謀略を持って相手を攻めるかの権謀術数を説いているかのように感じられます。しかし、実際に孫子が語っているのは、実際の戦闘で兵士が血を流したり国が疲弊することなく、いかにして謀(はかりごと)でもって「戦わずして勝つ」か、その観点の重要性をまずは皆さんと共有して行きました。

slide21-1.gif

slide21-2.gif


「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」の一言に、孫子のメッセージがシンプルに読み取れます。戦争において、自国が戦闘で弱体化することなく、相手国をそのまま保全した状態で勝利するには、相手の意図、相手の目的目標、相手の判断基準を挫くことが求められます。
謀(はかりごと)によって、相手の判断基準をゼロ化することを通して自らの勝利につなげる究極の勝利を得る為には、あるべき将の在り方、勝利に至る必須の道、そして何よりも、「彼を知り、己を知る」ことが最重要になります。

では、最も本質的な観点からの、彼・戦うべき本来の敵と、己・戦う自分とは一体どのように理解すればよいのでしょうか?一般的な解釈を踏まえた上で、HITOTSU学の観点からの盧さんの独自解析が展開されて行きました。
人間は常に終わりなく湧いてくる考え感情によって、自分で自分をコントロールできないような心の状態に陥ります。戦場において自分自身を見失ったら絶対に勝利できないように、過酷な競争・ストレス・プレッシャーが押し寄せてくる現代社会でも、自分自身の考え感情に勝利することは、幸せや成功をつかむためにも、とても重要なポイントになります。
ですが、常にいかなるときも自分で自分の考え感情をコントロールしながら、自分の中の内なる「敵」に勝利することは、非常に難しいことです。

この「敵」に勝利する為には、考え感情が生まれる道、考え感情が生まれる究極の出発点そのものになってコントロールすること、つまり道(タオ)を得ることが本質的な勝利へとつながって行くのです。
そのための究極の智慧、次元上昇した観点を得る5次元認識テクノロジーによって、従来とは全く異なる謀(はかりごと)の意味を汲み取ることが出来る新しい孫子解析の魅力を感じ取っていただけてのではないでしょうか。

そして、体の自分の考え感情を生み出す4次元認識の自分から、本来の自分、オリジナルマインドそのものの5次元認識の自己に気づくことで、今からの心の時代の勝利者になれるという本質深い観点からの謀攻篇の解析を共有しながら、今回の講座を終えていきました。
4月、5月のHITOTSU学特別講座は休講となりますが、ますます深まっていくHITOTSU学と孫子の兵法の世界に、どうぞご期待下さい。
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。