「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ 質疑応答を通したまとめ

img19.jpg

HITOTSU学と般若心経の世界、最終回となる今回は、Q&A形式の質疑応答を通したまとめの形式で、講座を進めていきました。

質疑応答の前半では、前回、前々回の講座の際に頂いた質問に対しての回答という順序で進め、後半からは当日その場でご参加の皆様からたくさんの質問を頂きました。


Q.般若心経の世界に一番親しむためには、どんな方法や条件がありますか?
Q.般若心経と今の世界経済の危機をどのようにつなぐことが出来ますか?
Q.悟りの世界と輪廻転生の世界は、どんな関連性があるんですか?
Q.物質と意識はひとつですか?ひとつならばなぜ別々に感じてしまうんですか?

以下は、当日その場でいただいた質問の主旨です。

QHITOTSU学がいうHITOTSUというものは、調和ではなくて次元上昇ということを言っているのですか?
Q.自燈明というのは、Nohさんがいうひっくり返った世界のことですか?
Q.HITOTSU学は悟りの世界を理論化しているのだと思いますが、本当に次元上昇が可能なんですか?
Q.自分が経験したことがないのに、次元上昇したイメージが本当に分かるのですか?
Q.ビッグバンから宇宙137億年の全てのエネルギーが人間の体にはつまっているということですか?
Q.一般的に、人間は脳のほんの一部分しか使ってないと言われますが、5次元認識方式をマスターすれば、ほぼ100パーセント使えるのでしょうか?
Q.世の中の宗教観として、輪廻転生を認めるものと認めないものがありますが、Nohさんが言われている世界は輪廻を認めるものでなければ到達できないものですか?
Q.自分の喜怒哀楽が激しくて感情や気持ちが大きく変化してしまうのですが、認識テクノロジーは感情のコントロールといったことにもつながるのでしょうか?
Q.今までは脳の記憶で覚えたことをしゃべる意識の世界で生きていますが、本当は5次元に生きている、そのような感じの世界を意識化することですか?


当日ライブでの質問とNohさんの答えの臨場感がお伝えできないのが残念ですが、とても和やかな雰囲気の中で、活発に真剣に色々な質問をいただき、本当にどうもありがとうございました。
時間の都合で充分にお答えしきれなかった点もあるかもしれませんが、またぜひ他の機会にもどんどん交流を深めさせて頂ければと思います。

今回の講座を通して、今の時代の世界経済の危機という背景もふまえ、今までにない根本的な大きな時代の変革のために何をどうすればよいのか、その変化の必要性や方向性をご来場の皆様と共感、共有できたように思います。

講座の最後には、人類500万年の長い歴史にわたってずっと繰り返してきた、五感覚脳の意識だけで生きる体人間のパラダイムと限界を超えて、人間の無限の可能性を爆発させる全く新しい時代のパラダイムを、この日本から命をかけて創って行きたい、日本文明に本当に目覚めてほしいというNohさんの熱情のこもった強いメッセージが会場に伝わって行きました。

2008年、一年間にわたって開催させていただいたHITOTSU学講座も、年内はこれで終了となります。
量子論にはじまり、超ひも理論、5次元宇宙論、そして般若心経まで、様々なテーマに関心を持ってご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

次回、2009年からは、7回連続シリーズで「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」を皆様と共有して行きたいと思います。混沌とした時代を希望へと導くための東洋の英知をHITOTSU学の観点から解析する新シリーズ講座です。
2009年も、HITOTSU学特別講座をどうぞよろしくお願いいたします!