「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ 質疑応答を通したまとめ

img13_1.jpg
img13_2.jpg

昨年シリーズでお伝えしましたアルバート・アインシュタインの相対性理論に引き続き、今年2008年の1月から連続4回シリーズで皆様と共有してきた、「HITOTSU学と量子論の世界」。
今回は、頂いた質問に対する質疑応答を通して、これまでの内容をまとめていく形式で開講させていただきました。

これまでの4回の講座でのアンケートや、お配りした質問表から整理させていただいた質問と、当日の講座の中で、その場でいただいた質問とにNohさんから回答してもらう、Q&A形式で、以下のような質問に答えさせていただきました。

Q.量子論は難しくて、理解する必要性は別にないんじゃないでしょうか。
  大学教授より歌手の方が人気があるのはなぜですか?
  盧さんの考えを聞かせてください。
Q.波動、粒子はイコール精神といえますか。
Q.神・仏の世界とオリジナル・マインドの世界をつなげて説明を聞きたいです。
Q.「デジタルのイメージ」、「0と∞の共通イメージ」とは?
  オリジナル・マインドをgetしたらどうなるかをもっと具体的に知りたい。
  3泊4日に参加すると全員が無意識の世界が分かるようになりますか?
Q.様々な学問のフレームワークを用いてこの世の真実を解き明かし、
皆を理解させ納得させたところで、何が生まれるのでしょうか?
Q.不思議に思ったのですが、量子論や様々な学問ができる前に、HITOTSU学のような  学問体系ができなかったのでしょうか?
  それも、なぜ今の時代なのでしょうか?
Q.私は宇宙や存在を知りたいと思うのですが、興味を持たない人もいるのはなぜですか。
こういう世界を伝えられたらと思うのですがどうしたらよいですか。
Q.物理学がいう4つの力の中で、電磁力と弱核力を統一させた観点、それに加えて強核力も統一させた観点、そして重力もふくめて4つの力を統一させる観点がどのようなものかお聞きしたいです。
Q.13年間の歩みの中で、支えになってきたものは何ですか?
Q.地球上の人口増加、食料不足についてどう思いますか。
  新聞やメディアをどう思いますか。
  成功者の定義は何ですか。
Q.HITOTSU学の観点から見て、混沌の日本に活路はありますか?


多様な視点からの幅広いご質問、どうもありがとうございました。限られた時間ではありましたが、これらの質問に対するその場でのNohさんの回答を、臨場感を楽しみながら聞いていただけたのではないかと思います。

今回の講座を通して、Nohさんから、「意味・価値の進歩」が大切、というキーワードが何度もあげられていました。モノ・システムをずっと進歩させ続けてきた物質文明偏重の時代の中で、人間が生きることの意味・価値を進歩させる生き方の革命、その大切さ、必要性に目覚めることが本当は何より求められていること。

人間の時間・空間・存在がどうやって生まれるのか、人間と人間の宇宙がどうやって生まれるのか、その仕組みを理解して、今ココで最高の喜び、感動とつながる新しい生き方。精神文明が発達するためには、信じる世界を超えて、宇宙自然に対する無知も克服して、考えが卒業できる、その論理とイメージが必要です、というNohさんからの明確なメッセージがありました。

そして最後に、今のこの時代、日本だからこそ果たすことが出来る歴史的な大きな使命、統合共存の新しい人類文明の歴史を開く、その大きな使命のために、モノづくりの日本ではなく、人づくりの日本へ、人類の希望になって欲しい、という熱い思いがNohさんから語られました。

今回のシリーズに続けてご参加いただいた方も、初めてご参加いただいた方にも、何か心に残る想いをお持ち帰りいただけていたら幸いです。

次回以降、HITOTSU学と物理科学のシリーズの最終章へと突入します。
相対論と量子論をどう統合すればいいのか、いまだ明確な結論が導き出されない現代物理の最大難問を、HITOTSU学の観点を通して超ひも理論の世界に迫っていきながら皆様と解明して行きたいと思います。

ご参加の皆さま、ご質問をいただいた皆様、どうもありがとうございました。
次回も、どうぞよろしくお願いいたします。