「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、質疑応答を通したまとめ

img08.jpg



2007年最後の講座となる第8回目の今回は、8月から4回シリーズでお伝えしてきた相対性理論の世界を、質疑応答を通しながらまとめて振り返って行きました。

事前に皆様から頂いた質問と、当日その場で出てきた質問を受け付けながら、参加された方との交流を通して、以下のような質問に答えて行きました。

Q.相対性理論が何なのかまだ良く分かりません。ひと言でいうと、どういうことですか?

Q.相対性理論の世界では、光のスピードが絶対的な基準と考えられましたが、オリジナル・マインドの世界では、何か基準となるものはあるのでしょうか?

Q.オリジナル・マインドの世界から光の海を見たときに、光が生まれるメカニズムは、どうなっているのでしょうか?

Q.「HITOTSU学」は、全てが分かる世界だと思いますが、人間は分からないこと、神秘に対して、畏怖する感情を持ちます。全てが分かる世界で、畏怖の感情はどうなるのでしょうか?

Q.相対性理論が自分の日常生活につながりません。どう役に立つのですか。一般的に応用できないのはなぜですか。

Q.相対性理論の価値がよく理解できません。相対性理論のすごいところって何なのですか?

Q.盧さんは認識革命、ということをおっしゃってますが、アインシュタインの相対性理論の認識方式とHITOTSU学の認識方式の違いは何ですか?

Q.HITOTSU学はこの時代になぜ必要なのですか?

Q.精神世界のワンネスと、HITOTSU学がいうすべてがひとつの違いは何ですか?

Q.盧さんは日本人の使命ということをよく言われますが、今の時代の日本人と相対性理論に一体どんなつながりや関連性があるんですか?

等々、他にもいくつか質問をいただきました。ありがとうございました。

そして、最後の質問に対する答えの中で、日本文明に対するNohさんの熱い思いが語られました。

アインシュタインが来日した時日本に対して感じたのと同じように、Nohさん自身も初めて日本に来たとき、日本の美しさにとても感動したこと。
すべてに神様が宿っているとする日本の八百万(ヤオヨロズ)の世界は平和の魂そのものであり、お互いの全てをお互いに認め合うことは、まるで相対性理論自体が深く生活習慣化されてるような不思議な国であること。

けれども、明確な主義主張をする西洋や現代文明の限界を突破するためには、現時点の日本の中途半端に次元上昇されている心の状態では、世界のリーダーシップはとれない、という指摘があり、産業革命、IT革命を超えて、全世界の人たちを全てひとつに溶かす大和の心で、恒久世界平和を作るミッションと可能性に目覚めて欲しい、それが出来るのが日本人だという明確な確信を持っている、というNohさんの熱いメッセージがありました。

さらに、世界で唯一原爆の被害を受けた国だからこそ、二度と戦争を起こさない世界を絶対作る希望になって欲しい、そして、HITOTSU学を役立てて、それを福岡から、日本から全世界に広げて行きたい、というNohさんの深い思いのこもった言葉で最後が締めくくられました。

貴重な時間を共有させていただいた皆様に感謝いたします。
来年からは、現代物理学のもう一本の柱、量子論の世界へHITOTSU学が迫って行きます。