「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第1回

img20.jpg

2009年、HITOTSU学講座の新シリーズは、「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」。
2500年前の春秋戦国時代に書かれたとされる中国古典の兵法書は、21世紀の現代を生きる私達に、一体どんな智慧を気づかせてくれるのでしょうか?

 新シリーズの第一回目となる今回は、まず最初に、なぜ今、孫子の兵法を取り上げるのか、HITOTSU学の観点から見て、今の時代に孫子の兵法を学びマスターすることの意味を、歴史の流れの全体像に位置づけて理解して行きました。

 
中国大陸で諸国が別れて国と国どうしが戦争していた昔、軍隊をもって戦う「戦場」において、戦争に勝つか負けるかは、自国と自国の全ての民が生きるか死ぬかの、まさに生死をかけた一大勝負でした。
そのような時代背景の中、戦場での勝利を獲得するために孫子によってまとめられた全13篇の孫子の兵法ですが、そこではただ単に戦争に勝つための方法論としての戦略戦術を超えて、人間にとって普遍的な深い洞察と法則性に満ちた戦いのことわりが書かれています。
だからこそ、時代を経て多くの人に読み継がれてきた孫子の兵法ですが、資本主義社会の経済戦争の中では、軍隊にかわって企業が、戦場にかわって市場が、社会を行きぬくための競争、戦いの場となりました。
多くの経済人やビジネスマンの愛読書として実践的に活用もされている孫子の兵法を、HITOTSU学ではさらに、個人個人の意識空間、人間の心の戦場、「心場」に置き換え、独自の解析によって、孫子の兵法の現代的な実践的理解と活用法をお伝えしていきます。

企業も軍隊もひとりひとりの人間の集団組織ですから、根本的には、人間一人の心の法則、心の仕組み、心のメカニズムを深く理解することから、すべての組織運営や組織間競争にも共通した原理をあてはめ、応用することが出来ます。
特に、共産主義に続き自由主義経済、金融資本主義経済が破綻を迎えた今日、より本質的な観点から、新しい時代の方向性を提示していくことが求められます。
今からの時代を生きる人間の心と、その人たちが営む経済活動の中で、どのような新しい経済発展モデルを構築して行けばよいのか、孫子の兵法の解析を通して、深く広く様々な気づきを皆さんと共有していきたいと思います。

slide20-1.gif

slide20-2.gif

第一回目の今回は、全13篇のうち、第一、計篇の内容をお伝えして行きました。孫子の兵法全体を理解する上で最も要となるのが、この計篇の内容といえます。
特に、冒頭の五事(道、天、地、将、法)を深く知ることが大切ですが、計篇全体を通してのポイントは、戦争をする前段階として、「計ること」の意味と価値、そして計るための判断基準となるものを孫子は提示しています。
一般的な計篇の解析をお伝えした後で、盧さんから説明があった計篇のポイントは、人間が全ての物事を計る際の判断基準になるものが、そもそもとても不完全で異質なものばかりであるという、人間が「計ること」自体の問題でした。

HITOTSU学の観点で言えば、物事を認識し判断する人間の「計る」作業は、人間脳5感覚の不完全性と観点の異質性、マインドームの問題によって、そもそも計ることそのものに根本的な問題と限界を抱えていると言えます。
人間の不完全な判断基準の次元を超えて、全ての現象を生み出す究極の本質ひとつの観点を得ることが出来るかどうか、認識の次元上昇によって、全ての存在と変化を理解する究極の判断基準を得ることが出来るかどうか、それが決定的に重要になります。それは、計篇の内容でいえば、五事の第一、「道」を悟り知ることが出来るかどうかに全てがかかっているという意味でもあります。

slide20-3.gif


「道」によって見る観点、次元上昇したHITOTSUのイメージから深く孫子の兵法を解析して行く講座の初回として、ご来場の皆さんにも、今までの孫子の理解とは全く異なる面白さを感じていただけたのではないでしょうか。

次回以降、シリーズでより深く解析して行くHITOTSU学と孫子の兵法の世界、各回ごとの単発のご参加でも大丈夫ですので、今後ともぜひ皆さんご来場下さい。
21世紀を生きていく智慧を、多くの方と共有していければと思います。ご来場の皆さん、どうもありがとうございました。

ただいま開催中の特別講座

img_ad540

-カオスの時代を突破する英知の宝庫、「孫子の兵法」-


欧米主導により創られた経済・文明のパラダイムが大転換期を迎えている今、
混沌とした21世紀初頭を生き抜く指針、中心軸はどこにあるのでしょうか。

グローバル資本主義が実物経済・金融経済ともに破綻していく中、
日本発の新たな第三の経済モデル・認識経済による感動社会・知識社会の創建
を提唱する、HITOTSU学創始者、Noh Jesu。

動乱と不安の21世紀初頭の世界を希望へと大反転させるための
英知を、中国古典の最高戦略書、「孫子の兵法」を通して身につけてみませんか!


◆「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第7回 九変篇 ◆
9月29日(火)19:00~21:30(18:30受付開始)
会場:アクロス福岡 会議室608(http://www.acros.or.jp/access/

◆「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第8回 行軍篇 ◆
10月31日(土)14:00~16:30 (13:30受付開始)
会場:西鉄イン福岡 Aホール(http://www.n-inn.jp/hotels/fukuoka/access.php

◆「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第9回 地形篇 ◆
11月29日(日)14:00~16:30 (13:30受付開始)
会場:西鉄イン福岡 Aホール(http://www.n-inn.jp/hotels/fukuoka/access.php

◆「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」第10回 九地篇 ◆
12月19日(土)14:00~16:30 (13:30受付開始)
会場:西鉄イン福岡 Aホール(http://www.n-inn.jp/hotels/fukuoka/access.php

【料金】前売1800円 当日2000円
※お得な3枚セット回数券(4500円)も販売しております。詳しくは、お問い合わせください。
【お問い合わせ】info-f.event@nr-japan.co.jp
tel/092-452-1421 fax/092-474-7177
主催/NR JAPAN(株) 協賛/Peace Production(有



「孫子の兵法」全13篇をマスターして、 智慧ある生き方、智慧あるビジネス、智慧ある経営をしましょう!


<本シリーズ講座で皆様と共有して行きたいこと>
(1)西洋から東洋へ、文明史的なパラダイムシフトの時代に、私達は何を変化させれば良いのか?
(2)2500年間、時代を超えて全世界で読み継がれる「孫子の兵法」が持つ、普遍の英知とは?
(3)知識基盤社会を切り拓くためのメタ知性による、21世紀型ビジネスの戦略・戦術とは?
(4)悟りの科学の観点から新たに説き起こされる、「孫子の兵法」の価値・解釈とは?
(5)人間力・人間関係力が求められる現代、「孫子の兵法」から学ぶ人間洞察の智慧とは?






HITOTSU学とは?
009HITOTSU学創始者、Noh Jesuが1996年に福岡で得た大きな気づき、
「次元上昇したHITOTSUのイメージ」をもとに日本で体系化された、統合認識学問。
東洋の叡智・悟りの世界を、物理学の最終理論と矛盾無くつなげて論理とイメージで
理解出来る、メタ知性による悟りの科学・悟りの学問。
従来の帰納法的な学問体系と異なり、HITOTSUのイメージから演繹法的に
全ての現象と学問を統合整理・説明する。


また、21世紀型の新たな成功・幸せ・愛の生き方モデルを提案する実践的教育体系を生み出し、
人間力開発、人間関係力開発、無意識空間開発、イメージ・アイディア力開発、組織マネジメント等、
幅広いジャンルに応用・活用可能なメタ学問として、NR JAPAN㈱が提供する各種認識商品の
知識基盤となっている。




  これまでの開催レポート
 HITOTSU学と孫子の兵法の世界
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第1回new!
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第2回 new!
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第3回
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第4回
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第5回new!
「HITOTSU学と孫子の兵法の世界」 第6回 new!

HITOTSU学と般若心経の世界
「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ 第1回
「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ 第2回
「HITOTSU学と般若心経の世界」全2回シリーズ 質疑応答を通したまとめ

HITOTSU学と5次元宇宙論の世界
「HITOTSU学と5次元宇宙論の世界」全1回

HITOTSU学と超ひも理論の世界
「HITOTSU学と超ひも理論の世界」全2回シリーズ、第1回
「HITOTSU学と超ひも理論の世界」全2回シリーズ、第2回

HITOTSU学と量子論の世界
「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ、第1回
「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ、第2回
「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ、第3回
「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ、第4回
「HITOTSU学と量子論の世界」全4回シリーズ、質疑応答を通したまとめ

HITOTSU学と相対性理論の世界
「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、第1回
「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、第2回
「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、第3回
「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、第4回
「HITOTSU学と相対性理論の世界」全4回シリーズ、質疑応答を通したまとめ


« 前のページ